クレジットカード現金化とは

クレジットカードにはショッピング枠キャッシング枠があり、クレジットカード現金化で使用するのはショッピング枠を利用します。

ショッピング枠で商品を購入し、その商品を買取ってもらう事で現金を手にする方法がクレジットカード現金化です。

もっと簡単に言えば、『買って売るってお金にする』と言うことです。

現金化の方法としては自身で行うパターン現金化業者に依頼するパターンがあります。

自身で行う場合

1.換金性の高い商品をリサーチ
2.商品購入
3.商品を買取ってくれるお店探し
4.商品を持って行き買取ってもらう

パッと見ただけだと自身で行っても業者に依頼してもさほど変わらないように見えますが、自身でクレジットカード現金化を行う場合にはかなりの時間と手間暇がかかります。

業者に依頼する場合一番時間がかかるのが業者選びだと思います。そこさえクリアーしてしまえば、後は何も手間がかかりません。

自身で行う場合、換金性の高い商品を探す所から始めなくてはいけません。そして商品を見つけたら今度は購入しにお店まで足を運び、今度はその商品を高く買取ってくれるお店を探さなくてはいけません。

簡単に説明していますが、この上記の内容を行おうと思うと普段仕事をしている人には不向きなやり方になります。

また、クレジットカード現金化は換金性の高い商品を購入するのですが、購入の仕方を間違えるとカード会社に目を付けられてしまい、現金化の疑いをかけられてしまいます。

目をつけられてしまうと利用制限をかけられたり、最悪の場合には利用停止になることもあります。

その為、自身でクレジットカード現金化を行う際には、ある程度の知識も必要になりますので頭に入れておきましょう。

手間やリスクを考えた場合にはプロ(現金化業者)に依頼することをオススメします。

次に、現金化業者に依頼した場合です。

業者に依頼

1.インターネットで申込み
2.本人確認
3.指定商品購入
4.指定口座に現金が振込される

現金化業者はインターネットで検索して探します。

インターネット上には数多くの業者が存在するので、どの業者が良いのか判断するのが難しくなりますが、一般的には口コミサイトや比較サイトなど参考にして現金化を探す人がほとんどになります。

しかし、口コミサイトや比較サイトの中には自作自演のサイトが数多く存在するため、あまり鵜呑みにしないで参考程度に見て頂くのが一番でしょう。

気になる業者を見つけた場合、問い合わせをせずにそのまま申込するのではなく、必ず一本電話して還元率・換金率がホームページと間違えがないのか確認するようにしましょう。

中にはホームページに高い還元率(最大98%)のように記載しているにもかかわらず、表示還元率から『決済手数料』『消費税』『送料』『振込手数料』などが引かれ、最終的に65%~70%になることもあります。

そうならないためにも申込みする前に一本電話し最終的にはどれくらいの還元率になるか確認しましょう。

聞き方のポイントとしては、

手元に10万円必要なんでですけど、いくらくらいの指定商品を購入しますか?

このように来てみてください。

大抵の現金化業者は手元に10万円の場合には、13万5千円~14万円くらいの指定商品だと思います。

このように少し濁しながらも返答がくると思います。

しかし、ここまで聞けたら100点です。

あとは計算機で計算したらおおよそですが還元率がどれくらいなのか計算することができます。

100,000÷135,000=0.7407….(約74%)
100,000÷140,000=0.7141….(約71%)

手元に欲しい金額÷指定商品の金額=還元率

この計算方法を覚えれいるだけで現金化業者がウソの還元率・換金率をホームページに書いていないか確認することができます。

もし表示還元率とかけ離れた率だった場合は申込みするのは止めましょう。

業者に聞くまでもなく、『決済手数料』『消費税』『送料』『振込手数料』が引かれただけの話だからです。

上記のような現金化業者は正直多く存在しますが、少なからず、優良店も存在します。

優良店を見つけるコツとしては、

ホームページに常識離れした還元率・換金率で記載していない業者(80%~82%)くらいで記載してる現金化業者がオススメ

80%~82%くらいの利率で掲載している現金化業者であれば、かなりの確率で表示換金率で現金化することができると思います。

あとは業者に電話し、他に手数料はかかりますか?と聞くだけで問題ないと思います。

業者選びが終れば、次は申込みです。申込はインターネット上の申込フォームに必要事項を記載し申込みします。

申込後、5分程度で現金化業者から電話がかかってきます。

その電話では本人確認書類の説明があります。

本人確認書類は『運転免許証』『保険証書』『パスポート』『マイナンバーカード』『住基カード』があれば問題ありません。

ですが、引っ越したばかりで住所変更をしていない場合にはプラスで公共料金の明細などが必要になりますので事前に準備しておきましょう。

次に、本人確認書類としてもう一つ必要なのがクレジットカードです。クレジットカードは現金化業者に依頼したら100%送らなくてはいけません。

理由としては不正利用防止のためになります。

万が一、他人のクレジットカードや偽造カードなど使われた場合には、業者側が赤字をくらいます。

そうならない為にも、必ずクレジットカードが本人の物で間違えないか確認の為に送らせるのです。

優良店の場合はクレジットカード番号の一部とセキュリティコードは隠して送ってもらいますが、悪質な現金化業者は何も隠さずに送らせる業者もありますので注意が必要です。

現金化業者も偽造カードなど使われたらリスクはありますが、利用者も全てカード情報を送るのはリスクがありますからね!

本人確認が無事に終わると最後は指定商品の購入です。

通常、指定商品は業者の指定サイトなどで本人がカード情報を入力し商品購入をするのですが、ここ最近では業者側で利用者のカード情報を入力し、決済だけする業者が増えております。

そして、あたかも商品を購入したかのように見せかけ、自宅にパワーストーン(100均)などを送ってくるのです。

この行為ははっきり言って架空決済になるので、業者側で決済作業をする業者には気をつけましょう。

優良店の場合は、ちゃんと価値のある(換金率の高い)商品を購入し、その商品を買取りしますので頭に入れておきましょう。